前へ
次へ

物品賃貸で支払う消費税の簡易課税について

商品を貸してビジネスをすることを物品賃貸と呼びます。この商売をしていると利益の計算が難しいので、消費税がどのくらいかかるのか分かりづらいです。そのような事業者のことを考えて、政府は簡易課税という制度を導入しています。この制度は売上が小さい事業向けのものですが、消費税の計算を簡単にできるものです。本来税の計算は複雑で、専門家に頼まないと出来ないことも多いです。しかしこの簡易課税の制度を使えば、大雑把に利益を計算できるので少ない手間で処理が可能です。ただこの制度を利用するためには売上が低い必要があり、ある以上の売上がある事業者は利用できません。またある年の途中で売上が大きくなった時も、制度が使えなくなるので注意が必要です。

Page Top