前へ
次へ

簡易課税の事業区分が変わる

消費税は、簡易課税方式のひとつです。消費税は、個人消費者だけではなく、事業者も支払わなくてはなりません。事業者は課税売上高が5000万円を超えない限り、簡易課税方式を選択することができます。事業内容によって納税額は違ってきます。みなし仕入率と呼ばれるものが事業区分によって違います。現段階では、5段階に分かれています。事業区分をはっきりしていないと、複数の事業を行っている場合、控除される金額が少なくなり納税額が多くなることもあるので注意が必要です。現在、不動産賃貸業・物品賃貸業などは第五種事業に区分されていますが、税の改正により不動産業は第六種事業に変わることが決まっています。第五種に比べて、みなし仕入率が引き下げられています。

Page Top