前へ
次へ

消費税改正に伴う簡易課税制度

平成26年度の消費税率の改正により、中小事業者には仕入れに関して消費税額の控除の特例が取り決められました。この特例のことを簡易課税制度と呼んでいます。簡易課税制度では、みなし仕入率と言うものが変化することで事業者の負担を軽減する措置がとられています。みなし仕入率の設定は業種によって異なり、大分類Kの不動産業や物品賃貸業は50%とされていましたが、そのうち不動産業は40%に改められています。ここで言う不動産業とは、不動産代理・仲介業、貸事務所業、土地賃貸業、貸家業・貸間業、駐車場業、その他不動産賃貸業・不動産管理業が該当します。自動車や娯楽用品などを貸し出すいわゆる物品賃貸業は不動産業とは切り離され、サービス業として扱われています。

Page Top