前へ
次へ

消費税の簡易課税の区分制度について

物品賃貸とは、自動車や映画、さらには設備機材など、企業が欲しいと思っている物品を実際に購入し、そして企業に貸し出すという形態を取っていることを指します。企業としては、設備投資として必要な機材などは購入するよりかは、その期間だけ借りたいと考えたほうが良いと思うものです。そこを判断して行動することによって、さらに変化を出すことができるようになります。そんな物品賃貸ですが、消費税の区分では第五種事業に属されます。この時のみなし仕入れ率は50%という値になります。簡易課税としては徴収されるのですが、課税売上高が5000万円以下であれば、本則課税か簡易課税のどちらかを選べるようになっているので、そのどちらかを選びます。

Page Top