前へ
次へ

物品賃貸業者の消費税の簡易課税制度

物品賃貸業を営んでいる業者は、毎年、消費税を納付することが必要になります。消費税の計算方法については、簡易課税方式と原則課税方式があり、基準期間の課税売上高が5000万円以下の物品賃貸業者は、簡易課税方式と原則課税方式のいずれかを選択することができます。選択した方式は今後2年間は変更することができないため、現時点だけでなく、将来の売上高などを予測したうえで選択することが大切です。物品賃貸業者のうち、基準期間の課税売上高が5000万円を超える場合には、原則課税方式しか選択することができません。簡易課税方式は、計算方法が簡便で、時間をかけずに税額を計算することができます。この点が簡易課税方式のメリットになります。

Page Top