前へ
次へ

消費税の簡易課税制度が見直しされました

平成26年度に、消費税の簡易課税制度が見直しされました。その理由は、消費税が5パーセントから8パーセントに上昇したためです。簡易課税とは、仕入れ控除額から課税後の売り上げ高に対する税額を一定の割合にするものです。とくに、提供サービスの状態によって課税を計算しにくい事業を対象にしています。この法改正に伴って、物品賃貸業者の消費税額が増加しました。その増加率は1.2倍です。それによって、税負担が重くなります。それゆえ、物品賃貸業者はさらなる企業努力を要します。そのほかは、保険業や製造業、小売業でも大幅に増加されました。簡易課税制度にかかわる軽減税率は、消費税が10パーセントになったときに導入すると決定しています。

Page Top